1997年10月30日生まれ 長男 

妊娠期間41週2日 予定日を1週間以上越して、入院して促進剤を点滴して出産に挑みました。
しかも、吸引分娩。。。とても大変な出産でした。
私も大変だけど、小さなBabyも物凄い痛みをこらえて、生まれてきたんだろうなぁ〜
PM4時36分 3595g 頭の大きなBaby の誕生でした。

念願の男の子で大喜び大感動でした。



よく飲みよく寝てよく笑い、比較的育てやすい子でした。
そして、やんちゃさん。。なのですが、周りの変化に敏感な子でした。
勘がいいというのかしら。。。
ルスが1歳4ヶ月頃にフロルを妊娠したのですが、その頃からとても泣き虫さんになりました。
はじめは『急に泣き虫君になってどうしたのだろう?人見知りも再開しちゃった???』



パースのシェルビーチにて


それから、1ヶ月位して妊娠している事に気が付きました。
『もしかして?もうお腹に新しい生命が宿った事に気付いていたの!?』って感じでした。
フロルが生まれてからは、吹っ切れたように・・・元気なルス君に戻りました。

そして、2年後マルを妊娠した時も同じでした。

『なんだか最近泣き虫君・・・。もうすぐ幼児園生になるのに、私にぴったりくっついてお友達と遊べない。。』
それでも、彼にとっては2度目の経験なので、以前ほどの落ち込みもなく元気に幼児園生活を送っていました。





。。。心配事。。。

年少さんの頃はいろんな不安があったなぁ〜〜
その頃の私は『わんぱくで暴れん坊が元気な男の子!』っていうイメージを持っていたので、
ルスはそれとかけ離れた子でした。
この頃“良い子症候群”という言葉を知り、『大人しくて素直な子は将来何かあるかも!?』なんて思ったりして。
とにかく「いい子だね。」といわれるのが嫌な頃でした。
3歳くらいから大人の話がわかり、聞き分けの良いほうでした。
嫌な時は泣いて訴えるけど、我慢強い方でもありました。
幼児園のじゃれつき遊びも、初めの頃は逃げ腰で・・・。
担任の先生には色々お世話になりました。
入園してまもなくは「嫌な事は大きな声で『いや〜〜』て言うんだよ〜!!」と、教えてもらったようで
お友達に嫌な事をされたら、きちんと意思表示ができるようになりました。

4歳になる前にいきなり2人のお兄ちゃんになっちゃって、本人の意思でお兄ちゃんになった訳ではないのでとても気を使いました。
私の中で『お兄ちゃんと呼ばない。お兄ちゃんだからできると思わない。彼を優先する。』と、決めて接していました。

作ることが大好きな子で、先生も「よく砂遊びをしている。マイペースですね。」
年少の頃の彼の将来像は『穴を掘る人、工事のおじさん、畑の仕事』

きかんしゃトーマスが好きで木製レールシリーズをクリスマスプレゼントに貰って、今でも大切に使ってます。


ガオレンジャーやアバレンジャーにも興味を持ったけど、合体させるのが楽しいようで戦いごっこはあんまり。。。でした。


2003年1月からサッカーチームに入ってなんとなく頑張っています。
先日の『2004年 第4回泉FCカップ』
 5/23の結果はなんと準優勝!
みんな頑張りました。

ルスも小学生になって、ちょっと成長したみたい♪

2004.10 僕の気持ち・・・
2004.11 運動会が終わって



オハイオの生活をどのように受け止めるかとても心配していたけど、こんなに順応性がいいなんて知らなかった・・・
彼の母親7年やってて、彼の強さを初めて知りました。



彼なりに日本の良い所をアメリカのお友達にお知らせしてるようです。
小さいけれど1番頼りになる彼です♪



くらしぷろふぃーるフロルマルほーむ








SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO